• 2006.11.14 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブロークンハート・クリスマス
最近、みんなの幸せを1人占めしてるような自分ではあるが、25日はクリスマスだったので、少しだけ友達に幸せを分けてみた。

昨日のブログのとおり、タンはクリスマスの夜に失恋するという、とってもかわそうな女の子である。昨日の夜は、みんなで「タン元気になってねパーティー」をド派手に開催。ただし、場所がよくない。自分の彼女、ジェイブの友達が働いてるバーだったからだ。「また別な女と来てる」と言いたげな感じでずっとにらまれてた。でも、こうなることを想定して、あらかじめタンやその他の友達の写真をジェイブに見せて、「これが友達だよ」と初めてに教えておいて、一緒に飲むことも言ってあったから、多分問題ないはずだ。ただ、やっぱり、その子に視線は痛かった。

他の友達はみんな男連れで来ていた。まったく気の利かないヤツらだ。今日は自分がタンの相手である。タンは、道であった人に次から次へ「失恋したぁ」と大声で絡みまくって、かなりクレイジーな状況である。一緒にいる自分は、かなり恥ずかしかったが、タンにとって、自分が「一番の親友」らしい。そう言われて、悪い気はしない。クリスマスプレゼントに、彼氏代わりのビールを買ってあげた。

タンは、意外と自分に似てるかも。結構遊んでるようで、誰かを好きになると一直線に突っ走るタイプだ。で、自ら自滅したりして・・・。それとも、世間知らずのただのお嬢様かな?何かすごいお金持ちの家庭らしく、1月には香港とシンガポールに買い物旅行に行くんだと。そして、そこで新しい男を探すって張りきってた。まあ頑張れ!!

ところで、サリーのボーイフレンドも、未だにカンボジアから帰ってきてない!1人でかなり寂しそうにしている。サリーも自分のことを「一番の親友」だと思ってくれている。彼女にとって、自分が久しぶりに帰ってきたこと自体がクリスマスプレゼントになったみたいだ。早く帰って来い!!

人気blogランキングへ
それぞれのクリスマス
メリークリスマス!うちの地元は何か天気悪くてサンタが墜落したらしいけど(そんなことはないか・・・)バンコクは蒸し暑さも復活して、南国ムード満点のクリスマスだ。

自分は、4日ぶりにジェイブと別れて、久々にカオサンで過ごすことになる。昨夜は、本当は泊まる予定はなかったのだが、彼女の都合が良くなって、一緒にイブの夜を過ごすことができたのだ。ラッキーハプニング!そもそも、ジェイブのメールを寝過ごして気づかなかったら今の2人はなかったのだ。それも、勝手ながら運命めいたものを感じてしまうのである。明日も会えるようだが、それからしばらくは会えなくなる。イギリス人の「ファースト」ボーイフレンドがやってくるのだ。自分もいつまでも「セカンド」に甘んじてる気はもちろんないが、彼がイギリスに連れて帰るのをあきらめるまでは、自分はジェイブのオンリーワンにはなれないのだ。とりあえず、クリスマスプレゼントに買った「バタフライ」のイヤリングはとても気に入ったようで、今日はそれをつけて父親に会いに行った。ちなみに、父親はすでに離婚している。父親だからきっと無条件に好きなんだろうけど、ジェイブに「バタフライ」はいつも近くにいたのだ。

自分はとりあえずハッピーだが、かわいそうなのがタン。彼氏は「バタフライ」だったみたいで、今日は失恋パーティーである。よりよってクリスマスに・・・って思うが、そもそも出会いはフルムーンパーティー。ようはアバンチュールである。タンはかなりの遊び上手だと思っていたが、実は遊びとは割り切れなかったみたい。かなりマジ失恋である。そんなこと、分かりきったことだと思うが・・・。

もう1人、サリーは今頃彼氏も戻ってきて、ハッピーであるはず。ただ、できれば会いたくない。3人で飲む約束を思い切りすっぽかしたからから。サリーがキレると、鬼より怖いのだ。きっとカオサン歩けなくなるかも・・・?まあ、話せばわかることを祈るのみだ。

ちなみに、ローラースケートに乗ったミニスカウェイトレスサンタは、今年は発見できなかった。


人気blogランキングへ





バタフライ
昨日ブログを更新できなかったのは、ずっとジェイブの部屋にいたからである。22日夕方から、もう2泊3日してしまった。今久しぶりにカオサンに戻ってきたが、またジェイブの部屋に帰る。でも、もうすぐにイギリスのボーイフレンドが来てしまう。自分の時間はあまりないのだ。

そのボーイフレンドは、3人も子どもがいるバツイチだそうだ。彼は、タイに住む気はなく、なんとかイギリスに連れて帰りたいそうだが、ジェイブはその気がないそうだ。タイから外には出たくないと言う。自分がタイに住むつもりだと言ったら、ジェイブはとても喜んでくれた。そして、いろいろ話してくれた。タイ人の男はバタフライだから絶対イヤだということ、欧米人は来てもすぐ帰るから寂しいということ、じゃ日本人は?あなたがバタフライじゃなければいいよ・・・だって。そのジェイブ自身がバタフライである。バタフライはタイのスラングのようで、「複数の相手と付き合う人」のことだと教えてくれた。当然、自分としてはその彼と別れてほしいわけだが、「それはできない」とジェイブは言う。そして、ジェイブは、その彼とのことや自分の過去のことを全部話してくれた。はっきり言って、とてもここには書けない、重い話ばかりだ。そして、自分も別れろとはとても言えなくなってしまった。いかに、その彼がジェイブにとって大切な人か・・・。ただ、自分がイギリスに行く気がないのは変わらないから、向こうがそのうちあきらめたら、自分ももう追わないとも言ってた。自分がジェイブのオンリーワンになるには、もっと長い時間が必要だ。

自分にできることは、とりあえず今、できるだけ長い時間一緒にいることと、日本に帰っても、こまめに会いにくることぐらいだ。自分は今、ジェイブがオンリーワンである。自分もバタフライ卒業である。

ジェイブの心は、今はきっと日本とイギリスを行ったり来たりしてるのだろうけど、飛びたければどこに飛んでもかまわない。自分の籠に閉じ込めておく気はまったくない。ただ、必ず戻ってきてくれれば・・・。そんな手紙を書いたが、未だジェイブには渡せてない。そろそろ帰らないと。なんかプレゼント探そうかな?

人気blogランキングへ
クリスマス
最近涼しいバンコクだけど、それでも昼間は南国らしい日差しが降りそそいで、クリスマスと言われてもいまいち実感がわかないのである。前日までは・・・。今日は、カオサンは大賑わい!そこら中にミニスカサンタが登場し、バンドがクリスマスソングを演奏してる。ホワイトクリスマスとはまったく縁がないが、バンコクっ子もやっぱりクリスマスが大好きである。ただし、昨年見たローラースケートに乗ったウェイトレスサンタをまだ見てない。それが少し残念だ!とりあえず、クリスマスの街の様子でした!

人気blogランキングへ
ジェイブの部屋にて
昨日21日、先のブログの通り、ジェイブからの突然のお呼び出しがあった。まだ朝の10時だった。その後の話。

ジェイブとはもう20日近くも音信不通だったので、しばらくはぎこちない会話ばかりが続いていた。それでも、お互いの話をいろいろすることができて、とても楽しかった。ただ、あまり聞きたくない話も・・・。ジェイブにはすでにボーイフレンドがいたのだ。イギリス人の、写真を見る限りではナイスガイである。がっかり。しかし、ストーリーは予想とは反対の方向に転がり始めた。ジェイブは、自分の部屋で映画見ようと言い出す。いいのかなあと思いつつも、ジェイブと一緒にタクシー乗った。

ジェイブの家は、カオサンからタクシーで15分、チャオプラヤー川の向こう側のトンブリー地区にあった。家は幹線道路沿いだったが、奥の部屋だったためか、意外と静かである。ただし、外の光はほとんど入らない。ちなみに、斜め前の部屋には母親が住んでた。なぜか母親にも挨拶する。まるでこれじゃ自分が彼氏じゃないか?

ジェイブはホラー映画が好きみたいで、なんだかよくわからない映画を出して見せてくれた。ストーリーがそれほど興味なかったから、自分はずっとジェイブをずっと見ていた。時々目が合うと、恥ずかしそうな笑みを見せる。これに自分はやられてしまうのだ。映画を見てる間、ジェイブは仕事を始めた。おそらくはプラというものだと思うが、ブッダが描かれた小さなお守りを磨く作業である。1人でやると3〜4時間かかるそうだが、一緒に手伝ったからその半分で終わった。これで200Bもらえるそう。コンビニよりはずっと儲かるらしい。ジェイブは、自分の頬にキスをくれた。最高のプレゼントだ!
この共同作業で、会えなかった時間の分は十分に取り返した。いつの間にか、初めて会ったときのような良いムードになってる。映画は、「KILL BILL」にチェンジ。最初は離れて座っていたのが、今は手をつないでいる。「KILL BILL vol.2」の頃は、もう全然画面なんか見てない。ずっとキスばかりしていた。でも、「女の子の日」らしくて、最後までできなかったけど。きっと、そこで一線を引いたんだろう。「女の子の日」なんてきっと嘘だ。
家を出たのは夜8時ごろ。結局丸1日一緒にいた。でも、これで終わりではない。今日はお泊りに招待されている。今日が勝負だ。自分の心にも火がついた。ジェイブを彼女にしたい。すでに、自分は母親公認である。

ジェイブのボーイフレンドは、26日から3週間タイにいるらしい。


人気blogランキングへ
大寒波余波(?)
なんか日本の大寒波はハンパないことになってるようで・・・。まだ12月なのに、この先が思いやられる。

実は、バンコクでも無縁ではなさそうである。今日は、日中でもジャケットがほしい肌寒さ。多分22か23℃くらいだろう。空は曇り、未明には小雨も降った。日本を覆ってる寒気と一緒のものがここでも影響してるらしい。南部(タイランド湾側)の豪雨は相変わらずで、英字新聞なんか見ると、いつも紙面には洪水のニュースがある。これもやっぱり、遥か北極からのモンスーンの影響のよう。強い北東の風が吹き付けて、南部は未だ悪天候続きのようだ。ちなみに北部は、霜が降りるくらいの冷え込みらしい。

この冷え込み、決して悪いことばかりじゃない。おしゃれなバンコクの若い人たちは、1年でこの時期にしか着られない自慢のジャケットやセーターは嬉しそうに着こなしている。女の子の露出が少なくなるのは残念だが(笑)自分も、たくさん持ってった服を組み合わせてファッションを楽しんでるところだ。ただし、安宿にはホットシャワーなどない。シャワーを浴びるのは、ほとんど修行である。

人気blogランキングへ
嵐の予感
もちろん天気のことではない。バンコクは毎日穏やかだが、日本の寒波の余波か、やたらと気温が低い。日中も25℃前後だ。

そう、突然ジェイブがやってきたのだ。今、コイン切れでネットが使えなくなってがっかりしているようす。会うのは半月以上ぶり。あの最低の夜以来だ。久々に会ったジェイブは、やはりかわいい!あの夜のことは全然引きずってないし、またいい関係が築けるかな?まだ昼だけど、今日は1日一緒に過ごすことになるのかな?

次に、多分今日だがアッコが帰ってくる。彼女のブログには、タイ南部でのいろんなできごとが書いてたが、それより彼女自身がなかなかおもしろい人だから、またビール飲むのが楽しみだ。

ユイは今夜にもその友達を紹介してくれるそうだ。でも、ジェイブもやってきたし、これはちょっとストップかけないと。ジェイブとクリスマスを過ごせるなら、自分としてはかなりうれしい。それならジャーは・・・実家帰るって!まだ「フルムーンの復讐」が終わってないみたい。とりあえず、電話はしない。

年末に向けて、ますますカオサン(ってか自分ひとり)はヒートアップしていく。

人気blogランキングへ
バースディパーティー
12月20日、クリスマスが迫ってきて、ちょっと焦り気味の今日この頃だ。20日は大チャンスが突然めぐってきた。メールにはタンから、「今日は友達のバースディだからパーティー来てね」という着信あり。20歳前後のかわいい女の子がたくさんあつまるパーティーである。当然自分は足取りも軽く会場へ向かった。ちなみにジャーはこの夜連絡取れず。もうどうでもいいや!

会場は「SHAMROCK」というライブバー。タンのホームグランドのようだ。何時開始か分からなかったが、とりあえず夜11時半に行ってみたら、ちょうどいいタイミングだったようで、タンと友達のユイがスタンバってた。少し遅れて、今日のバースディガール、ボウがやってきた。ボウもフルムーンの夜に会ったが、顔立ちが和風な感じで、やたら胸を強調するファッションで男たちを挑発してた。ただ、振る舞いが地味な子なので、あまり男縁はなかったようにも見えた。自分は結構気になっていたが、ほとんど話しはしてない。そんなボウを男たちはほっとくわけがない。すぐにイギリス人がよって来て、ナンパスタート。ボウにとっては一番のバースディプレゼントだろう。自分は、タンとユイと一緒にライブを楽しんでた。

その後は、当然ケーキを登場し、ろうそくの火も吹き消して、これはどこも変わらない習慣のようだ。でも、ボウはその後豹変し、ケーキのクリームを無差別に人の顔に塗り始めた。みんなビビってたが、そのイギリス人だけはずっとそばにいたから、2人の距離はどんどん縮まっていった。

そんな自分、女の子いっぱいいるのに今日は全然ダメ!タンもユイもボーイフレンドがいるし、元々日本人はノーサンキューらしい。しかし、展開あり。ユイが自分に友達を紹介してくれるというのだ。友達の紹介って、日本でならよくあるそうだが、自分はそんな経験はない。それを、タイで経験できるとは、やっぱり、自分のホームは完全にタイになってるみたいだ。みんな友達はかわいい子ばっかりだし、かなり期待できる。

でも、その必要もないかも。朝早くから、旅の初日に出会ったジェイブがやってきて、今、となりにいる・・・。

人気blogランキングへ


家族のこと
今日20日、実家から驚きの内容のメールが来た。「もし予定通りタイに3月までいるなら、足りない分のお金送るから」そんな内容である。早く帰って来いって言われても仕方ないようなものなのに、まるで、自分のタイ移住を支援してくれるような態度を初めてみせたのだ。

前のブログのとおり、自分の不注意からほぼ全額とクレジットカード、帰国便のチケットと一通りとられて、とりあえず当面のお金を送ってもらったのだが、お金がなくなる前に帰って来いというのではなく、足りないなら送ると言ってきたのだ。

自分は日本では実家住まい。一緒にいると何かとわずらわしいことも多いが、旅に出て親のありがたみが今とても身にしみてる。自分にとって初めての窮地だから余計だ。そのままその言葉に甘えるのも悪くないが、親のお金で旅を続けるというのも何か違うし・・・。このまま受け取らなければ、場合によっては、あと1ヶ月しかいられない。でも、自分はまだ目標をほとんど実現してない。来年以降タイに住めるように、もっと友達を作って、新しい彼女も作って、ビジネスのコネも作って、あとは、1月下旬のチェンマイの友達のバースディをお祝いしたい。彼女ができたら、バレンタインまではいたい。今年のバレンタインはなんと満月。パンガンあたりで「チョコ」を彼女と楽しみたい(多分パンガンに「チョコ」はないだろうけど・・・)。そんな感じで、良いことも悪いことも含めて、やりたいことが山積み。これでも、ラオスやスマトラ行きを完全にあきらめている。これ以上あきらめたくない!

やっぱり自分は幸せ者だ。日本にもタイにも「ホーム」あるんだから。将来の夢・・・親がリタイアしたらチェンマイに住まわせること。父親の喘息もきっと良くなるだろう。


人気blogランキングへ
ジャーの気持ちはどこへ?
19日夜、今日もジャーに電話をする。電話の感じはいいが、会ってみるとあまりうれしそうな感じじゃないのがとっても気になる。今日も「カオサン着いたら電話するね」って言っておいて、電話なんか一向にかかってこない。夜11時、痺れをきらしてこっちから電話すると、「IMMORTAL BARにいるから」って、もうカオサン来てるじゃないか!

そんなわけで、その「IMMORTAL BAR」へ行ってみた。ここは多分3度目かな?HIP HOPオンリーの、カオサンでは割と硬派なクラブである。ジャーはお姉さんと前日も一緒だった友達、それに謎の男と4人でいた。この男、最初はタイ人と思ってたが、実は日本人だった。実に気になる存在だ。自分からジャーに話しかけてもあまり話ししてくれないが、その男とは自分よりさらに親しげに見える。DJの選曲はかなりイケてたが、自分はそっちが気になって全然楽しめなかった。

クラブを出て、初めてその男と話しをした。話しした感じ悪い奴ではないと思った。20日、つまり今日インドに行くらしい。その男が荷物をまとめるために部屋に帰ろうとすると、ジャーはそいつを必死で引きとめようとしていた。自分には、明らかにそいつに気があるように見えて、辛かった。そして会話が気になった。「このままいるとドツボにはまりそう」って言ってたのは、ジャーのことか、それともタイそのもののことか?

ジャーにそいつが好きかどうか聞いてみたら、「みんな好き」って分けわかんないことを言い出す。「じゃ俺は?」核心つく質問である。ジャーは「内緒」とまたはぐらかす。

「内緒」には多分2種類ある。1つ目は、好きというのが恥ずかしいから「内緒」、もう1つは別になんとも思ってないから「内緒」。以前、ジャーは同じことを言ってた。一緒にすごした朝だ。やはりそのときも「内緒」だったが、明らかにそれは前者の「内緒」だった。あの照れた笑みが忘れられない。昨日はもっと無愛想だった。後者の「内緒」に思える。だとしても、自分は文句を言えない。10日もほったらかしにしたから、他の男と何があっても仕方ない。自分もパンガンでヤッたし。

ジャーの気持ちがどこにあるのか、それがはっきりしないと、自分は次の行動に移せない。ジャーはクリスマスに故郷に帰るらしい。


人気blogランキングへ
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK
     
RECOMMEND
The Rising Tied
The Rising Tied (JUGEMレビュー »)
Fort Minor
50centと一緒にバンコクに来るfort minor。いい音出してるなあと思ったら、バックにはJAY-Zまでついていた!HIPHOP好きもROCK好きも「買い」でしょう?
RECOMMEND
Curtain Call: The Hits
Curtain Call: The Hits (JUGEMレビュー »)
Eminem
ツボを突いた選曲のベスト盤。でも、こういうのがでると、新作はいつになるの?とちょっと不安。
RECOMMEND
Get Rich or Die Tryin'
Get Rich or Die Tryin' (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
完全なるG-UNITショーケース。全HIP HOP好きがはまるハズ。
RECOMMEND
Duets: The Final Chapter
Duets: The Final Chapter (JUGEMレビュー »)
The Notorious B.I.G.
ここまで豪華なメンツが揃ったアルバムってありますか?今でもビギーは、たくさんのラッパーからリスペクトされてる証拠。
RECOMMEND
USA (United State of Atlanta)
USA (United State of Atlanta) (JUGEMレビュー »)
Ying Yang Twins
今年一番の名盤(迷盤?)。とりあえず「WAIT」を聞いて!ヤバイ単語満載のささやきラップナンバーです。日本版にはリミックスも入ってて、ゲストのメンツがヤバスギです。
RECOMMEND
The Reggaetony Album
The Reggaetony Album (JUGEMレビュー »)
Tony Touch
最近話題のレゲトンです。いろんなCDが出てるけど、これが一番上がれた!「PLAY THAT SONG」のPV、めっちゃカッコイイです。
RECOMMEND
The Hip-Hop Violinist
The Hip-Hop Violinist (JUGEMレビュー »)
Miri Ben-Ari
CD屋の新譜コーナーで一番ヤバかったのがこれ。参加してるラッパーも凄いメンツだし、何よりこんな音、他には聞いたことない!斬新、鮮烈な一枚!!
RECOMMEND
新・格安航空券選び術―絶対得する!!海外個人旅行
新・格安航空券選び術―絶対得する!!海外個人旅行 (JUGEMレビュー »)
下川 裕治, 『格安航空券ガイド』編集部
安く長く旅行したいなら、まずはチケット選びから・・・
RECOMMEND
Arular
Arular (JUGEMレビュー »)
M.I.A.
このM.I.A.って人凄いよ!かなり上がります。そして「GALANG」でトバされちゃって下さい!
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.